インパクトローラ(T型)

KC-T型

  • JIS準拠
  • 落下衝撃

用途・機能

コンベヤにおいて、ホッパやシュート口など搬送物が落下する箇所(インパクト部)のアイドラにて使用されるローラです。中空型のインパクトゴムを鋼管製ローラに焼付しているため、表面が剥離せず、落下の衝撃を緩和します。

選定の目安

M型に比べ衝撃緩和効果が高く、搬送物の見掛比重が1.0t/㎥以上の重いもの(鉄鉱石・塊石・石灰石など)や、落下衝撃が比較的大きい箇所に設置のインパクトアイドラにご使用ください。

型式例

外形図

(mm)

B W
型式
D
L1
L2
L3
K
G
a
b
d
BB
重量(kg)
400 KC-40-T 90 145 153 175 15 3 8 14 20 6204ZZ 2.8
450 KC-45-T 90 165 173 195 15 3 8 14 20 6204ZZ 3.1
500 KC-50-T 90 180 188 210 15 3 8 14 20 6204ZZ 3.4
600 KC-60-T 90 210 218 240 15 3 8 14 20 6204ZZ 3.9
750 KC-75-T 115 265 273 295 15 3 8 14 20 6204ZZ 4.7
900 KC-90-T 115 315 323 345 15 3 8 14 20 6204ZZ 5.5
1050 KC-105-T 140 370 380 410 20 4 11 18 25 6205ZZ 8.7
1200 KC-120-T 140 420 430 460 20 4 11 18 25 6205ZZ 9.7
1400 KC-140-T 166 500 510 540 20 4 11 22 30 6206ZZ 17.3
1600 KC-160-T 166 580 590 620 20 4 11 22 30 6206ZZ 19.7
1800 KC-180-T 166 650 660 690 20 4 11 25 35 6207ZZ 22.6
2000 KC-200-T 166 730 740 770 20 4 11 25 35 6207ZZ 25.1

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る