特殊プーリ実績品紹介

かご型プーリ

搬送物がベルトとプーリの間に入った場合でも、プーリ自体の隙間から搬送物が抜け落ちるため、プーリ表面への固着が軽減されます。主に、バケットエレベータ用テールプーリとして使用されています。

ディスクプーリ

ベルトに桟やヒレがある場合、通常のプーリでは、ぶつかってしまいますが、こちらのプーリはそれを避ける形状となっています。主に、急傾斜コンベヤのベンドプーリなど、搬送面側の屈曲に使用されます。

クライマーリターンプーリ

ディスクプーリと同様に、ベルトの桟やヒレを避ける形状は類似していますが、こちらのプーリは屈曲部ではなく、リターンローラの代替として用いられます。主に、クライマーコンベヤに使用されます。

ビータクリーナ

リターン側ベルトを叩き、付着物を落とす振動体として、桟付・ヒレ付ベルトにも使用可能な特殊プーリです。ベルトの走行に追随させる従動タイプと、他のプーリとスプロケットで繋ぐ自立回転型があります。

その他の特殊プーリ

JRC では上記の実績品以外にも、お客様のご要望に応じて、様々な形状・仕様のプーリを製作しています。他社にて製作困難と言われるような特殊プーリについても、弊社では設計・製作可能な場合もございますので、ぜひご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る