有限要素法による解析

変形状態・応力分布の可視化

有限要素法による解析システムを使用することにより、プーリの変形状態やプーリにかかる応力分布を見ることが可能で、変形が過大となる箇所や応力集中箇所を可視的に知ることができます。
そのため、JRC では、破損の原因究明や補強箇所の選定などの場面でこのシステムを使用し、より一層、安全性と信頼性の高い、お客様に満足いただけるプーリのご提供に役立てています。

プーリ変位図

プーリ応力分布図

【PR】ベルトコンベヤプーリの新規製作・既設品の交換でお悩みではありませんか?

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る