販売店様向け
J - WOS会員入口

YouTube JRC公式チャンネル

製作手順の一例・製作可能範囲

動画で見るJRCのプーリ製作(北関東工場のご紹介)

製作手順の一例

JRC プーリの標準構造である「シャフト/鏡板(ボス)ヤキバメ構造」の製作手順をご紹介します。
(★の付いた工程は、お客様からご要望をいただいた場合のほか、当社にて必要と判断した場合に実施しています。)

※ラギングは、上記の標準仕様(熱加硫)の他に、短納期で安価な「自然加硫(貼付)」での施工(上写真)も可能です。

製作可能範囲(目安)

プーリ径 ø1500
プーリ幅 3000L
シャフト長 4000L
重量 5000kg

※プーリ幅とシャフト長は合計7000L をMAX とします。

プーリは寸法や構造などが一品一様であるため、バランスや形状により、上記の範囲内の寸法であっても製作困難な場合があります。また、逆に、上記の範囲外の寸法であっても、製作可能な場合もあります。
上記の数値はあくまで目安ですので、製作可能かのご相談は、お近くの当社営業所までお気軽にお問い合わせください。

製作実績の一例

  • ドライブプーリ
    プーリ径:ø1230(シェル:ø1200+t15)× パイプ長:2200× 軸受径:ø280× シャフト長:4111
  • ディスクプーリ
    プーリ径:ø2000× 大輪外々:1550× 軸受径:ø160× シャフト長:2410

工場設備紹介(北関東工場)

JRC 北関東工場(埼玉県児玉郡)は下記以外にも大小含めると75 以上の設備を保有しております。また、北関東工場以外にも、北海道工場(旭川市)、九州工場(鹿児島県姶良郡)でもプーリ製作を行っており、その他の協力工場もございますので、お客様のご要望に応じた多種多様なプーリ製作に短納期で対応することが可能です。

(mm)

お気軽にお問い合わせください

お急ぎの場合

営業拠点、下記までお電話で

TEL06-6543-8018
(受付時間 平日9:00~18:00)

FAX06-6543-8681

メールの場合

メールフォームからでも
迅速に対応いたします

お問い合わせ

ベルトコンベアを理想の運用状態に導くJRCのトータルソリューション

お問い合わせ