軽量型キャリヤアイドラ

LC型

  • 作業効率

用途・機能

従来のJIS 規格品に比べて、ローラ径を小さくし、スタンド素材を薄くすることで、軽量化・省スペース化を実現したキャリヤアイドラです。

選定の目安

ゴミ処理場や廃材プラントなどのベルトコンベヤにて多く選定いただいています。なお、全ベルト幅について、トラフ角度は25°としていますが、ご要望に応じてトラフ違いなど特殊仕様も製作可能です。

使用ローラ

軽量型キャリヤローラ LCR型

アイドラ型式例

スタンド型式例

外形図

(mm)

B W
型式
H1
H2
H3
m
A
n
B
D
L
l1
l2
u
F
BB
重量(kg)
400 LC-325-40 100 130 191 550 590 120 170 60.5 416 130 140 13.5 L50×50×4 6203ZZ 6.8
450 LC-325-45 100 130 199 600 640 120 170 60.5 473 150 160 13.5 L50×50×4 6203ZZ 7.3
500 LC-325-50 100 130 206 650 690 120 170 60.5 515 165 175 13.5 L50×50×4 6203ZZ 7.5
600 LC-325-60 100 130 220 750 790 120 170 60.5 613 200 210 13.5 L50×50×4 6203ZZ 8.5
750 LC-325-75 100 138 249 900 940 120 170 76.3 747 250 260 13.5 L50×50×6 6203ZZ 12.7
900 LC-325-90 100 138 270 1050 1090 120 170 76.3 888 300 310 13.5 L50×50×6 6203ZZ 14.3

※在庫の状況によっては、形状を変更する場合がございます。

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る