NSガード

  • ZAM
  • 耐食
  • 噛込防止

用途・機能

コンベヤ火災において、ローラ側面に搬送物などの異物が噛み込むことによって発生する「火花」が、その火元として指摘される場合があります。
当製品は、ローラ側面の軸に取付けることで、異物の噛み込みによる火花の発生を完全に防止するとともに、JRCローラの優れた防塵・防水性能をより一層向上させます。
また、素材には高耐食性溶融めっき鋼板「ZAM®」を採用しており、ローラの長寿命化にも貢献します。

火花試験について

ハイスピードカメラで火花発生の有無を確認
サーモグラフィでローラの温度上昇を検証

ベルトコンベヤの搬送物は、石炭をはじめ、燃焼の可能性があるものが多く、ときに複数の要因が重なり火災が発生することがあります。そこでJRC では、独自の「火花試験」によって、火災要因の追究を行いました。
この試験では、石炭・コークス・鉄鉱石などのサンプルを用意し、意図的にラビリンスシール内へ粉砕して混入させたり、高速回転するローラ側面へ接触(押付け・噛み込み)させるなど様々な方法で、ハイスピードカメラやサーモグラフィといった機器を用いて、火花発生の可能性を徹底的に検証しました。

その結果から、「シールの破損や異物混入によるローラ内部の温度上昇から発火する可能性は限りなく低い。ただし、粒・塊状で、角ばった搬送物が、ローラ側面と激しく接触した場合は火花が発生する可能性が高く、実機においては、スタンド/ブラケットとの嚙み込みによる発火対策が有効である。」との結論に至りました。
この結果を踏まえ、JRC が新開発したのが「NS ガード」です。当製品の具体的な製品の機能・特長については、下記をご参照ください。

製品特長

火花の発生を完全に防止

ローラ側面への異物の噛み込みによる火花発生を完全に防止。万一、噛み込んでもNS ガードは回転しないため、火花が発生しません。

ローラの防塵・防水性がアップ

優れたシール性能を持つJRC の標準ラビリンスシール。NS ガードを取付けることで、その防塵・防水性のさらなる強化を実現します。

ローラの長寿命化に貢献

溶融亜鉛めっきの10 ~ 20 倍の高耐食性と自己防食作用を持つ素材「ZAM®」を採用し、ローラの長寿命化に貢献します。

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る