B型ローラ(特殊ローラ)

UNH型、UVH型、LSH型、LSJ型

軸径(ベアリング型番)とパイプ外径の組み合わせ一覧表

標準寸法違いの別作ローラをJRC では「B型ローラ」とし、下表の通り、製作対応しています。ご依頼時は、各ローラ構造図をご確認の上、希望寸法、仕様などをご指示ください。軸端のねじ切やピン穴などの特殊加工にも対応しています。(下図、軸端加工例をご参照ください。)

(mm)

軸径
ベアリング型番
ローラ構造
L1製作可能最小値
パイプ外径
φ48.6 φ60.5 φ76.3 φ89.1 φ101.6 φ114.3 φ139.8 φ165.2
(1 1/2) (2) (2 1/2) (3) (3 1/2) (4) (5) (6)
φ10 6200ZZ UNH型
UVH型
100
φ15 6202ZZ UNH型
UVH型
100
φ17
6203ZZ
UNH型
UVH型
100
LSH型 69
LSJ型 64
φ20
6204ZZ
LSH型 76
LSJ型 71
φ25
6205ZZ
LSH型 84
LSJ型 79
φ30
6206ZZ
LSH型 92
LSJ型 87
φ35
6207ZZ
LSH型 97
LSJ型 92

○…製作可能 △…ハウジング無(直バメ) - …製作不可能




B型ローラ:UNH型、UVH型(小径カシメ型ローラ)の特長

従来の小径カシメ型ローラは、まず、パイプの両端部をボーリング加工し、ベアリングやシールをそれぞれ別々にハウジングに仕込んだ後、片側ずつボーリング部分をカシメ(絞り)加工する製法でした。
JRC が考案した新製法では、事前に製作済みのユニット(パイプ外径より一回り大きなフランジを有するハウジングに、あらかじめベアリングやシールを組み込んだもの)をパイプの両端から同時に挿入し、フランジごとカシメ(絞り)加工することで、左右均一なカシメ条件と確実な位置決めを実現。さらにパイプ・ベアリング・ハウジングの締結力が格段にUPし、ご使用時の繰り返し荷重や振動にも強い小径ローラとなりました。また、防塵・防水性能においても優れた特長を有しており、ローラの長寿命化に貢献します。

JRC独自のカシメ(絞り)加工の流れ(イメージ)

関連する製品があります

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る