掻き取りユニット

BSR型

  • 付着防止

用途・機能

押えローラ1本とスパイラルローラ2 本にて3連ローラユニットを構成し、ベルトへの付着物を強制的に掻き取り、「落鉱」を促進させる機能を有します。

選定の目安

コンベヤ設備内の比較的「安全でメンテナンスが容易なエリア」を「落鉱促進区域」として当製品を設置し、落鉱を強制的に促進させることで、より安全で効率的な清掃作業が可能となります。ブラケットのみの製作も承っております。

使用ローラ

スパイラルリターンローラ SR型

ダンゴレスリターンローラ RDL2型

 

※搬送物のローラ付着を防止するため、標準仕様では上部の押えローラを「ダンゴレスリターンローラ」に設定しています。
高粘度搬送物には、下部のスパイラルリターンローラ2 本についても、ダンゴレスリターンローラとする仕様が有効です。

アイドラ型式例

動画で製品特長をわかりやすく

外形図

(mm)

B W
型式
H1
H2
H3
m
A
n
B
D1
D2
l 1
l 2
P
J
U
t
a×b
BB
重量 (kg)
400 BSR-400 48 100 160 640 690 300 450 104 99 460 480 33~83 80 14.5 4.5 15×115 6204ZZ 30.1
450 BSR-450 48 100 160 690 740 300 450 104 99 510 530 33~83 80 14.5 4.5 15×115 6204ZZ 31.9
500 BSR-500 48 100 160 740 790 300 450 104 99 560 580 33~83 80 14.5 4.5 15×115 6204ZZ 33.6
600 BSR-600 48 100 160 840 890 300 450 104 99 660 680 33~83 80 14.5 4.5 15×115 6204ZZ 36.8
750 BSR-750 40 100 160 1040 1090 400 550 121 124 850 880 25~75 80 14.5 6 15×115 6204ZZ 58.7
900 BSR-900 40 100 160 1190 1240 400 550 121 124 1000 1030 25~75 80 14.5 6 15×115 6204ZZ 65.2
1050 BSR-1050 46 120 185 1340 1390 450 600 148 150 1150 1180 26~76 80 18.5 6 15×115 6205ZZ 98.2
1200 BSR-1200 46 120 185 1490 1540 450 600 148 150 1300 1330 26~76 80 18.5 6 15×115 6205ZZ 107.0
1400 BSR-1400 64 150 235 1730 1790 550 710 172 175 1530 1550 36~86 90 22.5 9 19×119 6206ZZ 175.9
1600 BSR-1600 64 150 235 1930 1990 550 710 172 175 1730 1750 36~86 90 22.5 9 19×119 6206ZZ 190.2

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る