Vリンクリターンアイドラ

JVR型

  • JIS準拠
  • 落鉱防止

用途・機能

ローラ2本をジョイントリンクで繋いだリターンアイドラです。ベルト幅の中央部でベルトがローラと接触しない構造となっています。

選定の目安

ベルトとの接触長さが少なく、使用時の搬送物の「落鉱」が軽減されます。
センターピンを中心にジョイントリンクを折り畳めて、保管・運搬にも便利です。ローラをベルト幅に合わせたキャリヤローラ(C 型)とすることも可能ですが、ジョイントリンクが特殊品となりますので、ご注意ください。

使用ローラ

Vリンクリターンローラ R-VR型

アイドラ型式例

ブラケット型式

動画で製品特長をわかりやすく

外形図

※BW1400、1600 用のジョイントリンクは強化型形状になります。

図面ダウンロード

ログインしてください

新規会員登録

パスワードをお忘れの方

(mm)

B W 型式 H1 H2 m A n B D L l 1 l 2 l 3 J U t a×b BB 重量 (kg)
400 JVRH-400 66 110 640 690 60 120 89.1 461 115 123 480 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 7.4
450 JVRH-450 66 110 690 740 60 120 89.1 511 130 138 530 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 7.6
500 JVRH-500 66 110 740 790 60 120 89.1 561 145 153 580 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 7.9
600 JVRH-600 66 110 840 890 60 120 89.1 661 180 188 680 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 8.6
750 JVRH-750 54 110 1040 1090 60 120 114.3 859 225 233 880 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 11.6
900 JVRH-900 54 110 1190 1240 60 120 114.3 1009 265 273 1030 80 14.5 4.5 15×25 6204ZZ 12.8
1050 JVR-1050 61 130 1340 1390 100 150 139.8 1152 325 335 1180 80 18.5 6 15×25 6205ZZ 22.5
1200 JVR-1200 61 130 1490 1540 100 150 139.8 1302 370 380 1330 80 18.5 6 15×25 6205ZZ 24.2
1400 JVR-1400 78 160 1730 1790 120 180 165.2 1524 465 475 1550 90 22.5 9 19×32 6206ZZ 33.2
1600 JVR-1600 78 160 1930 1990 120 180 165.2 1724 500 510 1750 90 22.5 9 19×32 6206ZZ 35.8

お気軽にお問い合わせください

お急ぎなら営業拠点、下記までお電話で

メールでも迅速に対応いたします

ページ上部へ戻る