会社沿革

リーディングカンパニーとして、
未来を見据えて。堅実に。

大阪の小さな町工場として産声を上げたJRC。
拠点開設に伴い営業エリアが広がっても、創業当時から今に受け継がれるのは、使命感とクリエイティビティです。
常に正義感と責任感を持ち、すべてに創造的であり続ける、私たちJRCの歩みをご覧ください。


昭和36年当時の創業者・浜口匠

1961年 (昭和36年)
4月
創業者・浜口匠が大阪市天王寺区にて浜口商店を創業。コンベヤ製品の製造販売を開始。
1963年 (昭和38年)
3月
兵庫県三原郡三原町(現南あわじ市)に工場を建設、本格的生産を開始。
1965(昭和40)年
4月
浜口鉄工株式会社に法人改組。代表取締役社長に浜口匠が就任。資本金200万円。

浜口鉄工株式会社・本社

1967(昭和42)年
12月
大阪府交野市に交野工場を建設。
1974(昭和49)年
4月
北海道旭川市に北海道浜口鉄工株式会社を設立。北海道地区の製品生産ならびに営業拠点とする。
1977(昭和52)年
4月
福岡県北九州市に九州浜口鉄工株式会社を設立。九州地区の営業拠点とする。(のちに株式会社JRC九州に社名変更)


淡路工場

1981(昭和56)年
1月
株式会社日精・鹿児島工場を買収。当社の鹿児島工場として製品の増産を図る。
1981(昭和56)年
4月
東京都港区に東京浜口鉄工株式会社を設立。東京から青森までの全域における営業拠点とする。(のちに株式会社JRC東京に社名変更)
1982(昭和57)年
10月
北海道浜口鉄工株式会社を吸収合併。
1985(昭和60)年
7月
東大阪市に本社移転。
1987(昭和62)年
11月
兵庫県三原郡緑町(現南あわじ市)に淡路工場を建設。
1989(平成1)年
10月
品質ならびに生産性の向上を図る為、淡路工場に日本初のローラ自動組立ラインを導入。製品の均一化および増産体制が整う。


九州工場

1991(平成3)年
4月
業績伸展に伴い、株式会社JRCを設立し、浜口鉄工株式会社の事業を引き継ぐ。資本金4,000万円。同時に現在のCIを導入。
1992(平成4)年
9月
吉松工場(現在の九州工場)を鹿児島県姶良郡吉松町(現湧水町)に建設。
1993(平成5)年
5月
株式会社JRC九州を吸収合併。
1996(平成8)年
4月
資本金8,000万円に増資。


本社工場

1997(平成9)年
3月
兵庫県三原郡緑町(現南あわじ市)に新工場(現在の本社工場)を設立。旧工場を統合。
1997(平成9)年
10月
大阪市西区へ本社移転。
2001(平成13)年
5月
中国遼寧省瀋陽に合弁会社「瀋陽皆愛喜輸送設備有限責任公司」を設立。出資金645万ドル。
2002(平成14)年
3月
浜口匠が代表取締役会長に、浜口佳宏が代表取締役社長にそれぞれ就任。
2004(平成16)年
12月
本社工場が「ISO9001:2000」の認証を取得。


北海道工場


北関東工場

2006(平成18)年
4月
株式会社JRC東京を吸収合併。
2006(平成18)年
5月
中国江蘇省蘇州に独資会社「蘇州皆愛喜輸送設備有限公司」を設立。出資金300万ドル。
2007(平成19)年
1月
九州工場が「ISO9001:2000」の認証を取得。
2007(平成19)年
12月
北海道工場が「ISO9001:2000」の認証を取得。
2009(平成21)年
3月
埼玉県児玉郡に北関東工場を建設。
2010(平成22)年
9月
北関東工場が「ISO9001:2000」の認証を取得。
2013(平成25)年
4月
中国遼寧省瀋陽に瀋陽工場を建設。
2014(平成26)年
5月
浜口佳宏が代表取締役会長に、浜口稔が代表取締役社長にそれぞれ就任。
2014(平成26)年
8月
大阪本社を現住所に移転。
2016(平成28)年
6月
商栄機材株式会社を完全子会社化。