健康経営宣言

JRC健康経営宣言

JRCは、すべての社員が心身ともに健康で、安心・安全に業務を遂行でき、個性や能力を最大限に発揮できることが会社の発展につながると考えます。

JRCの人事・労務ビジョン(人事基本方針)に掲げる「社員が皆、社会の一員として活き活きと健康で幸福な生活を送るために必要な会社」の実現を目指し、会社、健康保険組合、社員とその家族が一体となって、働きやすく働きがいのある職場づくりと社会生活の充実を推進してまいります。

また、JRCの企業理念(行動指針)である「常に正義感(Justice)と責任感(Responsibility)を持ち、すべてに創造的(Creative)であれ」に基づき、公正・透明かつ健全な事業活動を通じて、JRCに関わるすべての人々に貢献してまいります。

重点取組項目

1)安全で風通しの良い職場環境づくり
 ① 安全教育や安全衛生活動を強化し、労働災害につながるリスクを低減する。
 ② 社員のコミュニケーション活性化と各種ハラスメント防止に向けた幅広い施策を展開する。
 ③ 全社員のストレスチェックを実施し、その結果分析およびメンタルヘルス対策を実施する。

2)働き方改革によるワークライフバランスの実現
 ① 勤怠管理システムを活用し、長時間労働の是正と過重労働による健康障害の防止に取り組む。
 ② 年次有給休暇の取得を推奨し、その取得率向上に繋がるさまざまな施策を推進する。
 ③ 社員一人ひとりの勤務状況・能力に応じた多様な働き方を推奨し、適材適所を徹底する。

3)生活習慣病の予防および健康第一の風土醸成
 ① 定期健康診断(受診率実質100%)の結果に基づくフォローアップ(データヘルス分析に
   よる社員の健康リスク管理等)の徹底により生活習慣病をはじめとする疾病を予防する。
 ② 有所見者への健康保険組合保健師、産業医の個別指導の充実と支援体制を強化する。
 ③ 受動喫煙防止とともに、喫煙者の禁煙促進に向けたサポートプログラムを実施する。

ページ上部へ戻る