「落鉱」の問題点

ベルトに付着した搬送物は、リターンローラを乗り越える時にベルトから剥がれて落下(落鉱)してしまうことがあります。

「落鉱」の原因

ベルト面に付着した搬送物がリターンローラの下に落鉱し堆積します。

「落鉱」の解決策

JRCが提案する落鉱対策

プーリ周辺区域ベルトクリーナの整備

ベルトクリーナのメンテナンス不足

①ベルトクリーナの老朽化

→早急な交換が必要です。

②スナブプーリの搬送物固着

→スナブプーリの径が一定しない為、ベルトの「バタつき」が発生※クリーナの効果が十分に発揮されません

スナブローラに「付着防止ライニング」を施工すると…

付着が無くなりベルトのバタつきが減少!

→クリーナーが本来の効果を十分に発揮します

落下推進区域掻き取りユニットの設置

清掃作業の軽減・安全性向上

落下軽減区域落荷防止リターンの設置

道路・通路用など落鉱を防ぎたい

導入事例

セメント工場 搬送物:建設汚泥

落鉱物を取り除く作業や搬送物のロスが大幅に減り、コンベア全体の生産性が上がりました。

セメント工場 搬送物:建設汚泥

コンベア下の建屋屋根の上に落鉱物が堆積し、危険な清掃作業が必要でしたたが、落鉱物が削減され安全性向上につながりました。

セメント工場 搬送物:建設汚泥

足場の悪い屋根の上に落鉱物が堆積し、清掃作業が大変でしたが落鉱がなくなり、危険な作業もなくなりました。

これらの解決事例、導入事例はほんの一部です。
コンベアに関しての問題は、ぜひJRCにご相談ください。