news-header

「標準キャリヤスタンドおよびリターンブラケット」実用新案登録のお知らせ

  • 2017.8.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「標準キャリヤスタンドおよびリターンブラケット」

実用新案登録のお知らせ

当社は、この度、「標準キャリヤスタンドおよびリターンブラケット(以下、標準スタンド/ブラケット)」の実用新案登録を経済産業省特許庁へ出願し、平成29年5月24日付にて正式登録されましたのでお知らせいたします。(登録番号:第3210894号)

ベルトコンベヤの多くは常に風雨や日射にさらされる過酷な環境で用いられるため、従来のスタンド、ブラケットでは、経年使用により、腐食が酷く進行する場合がありました。また、長距離コンベヤや高所あるいは沿海部、船上などに設置されたスタンド、ブラケットでは、錆が発生した場合にも補修が難しいなど、メンテナンス面でも課題がありました。

上記の課題を解決するために当社が考案した「標準スタンド/ブラケット」は、高耐食溶融めっき鋼板ZAMをその素材に採用した当社独自の製品です。
ZAMは、溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金めっき鋼板であり、そのめっき層に含まれるアルミニウムとマグネシウムの効果により、時間の経過とともに、緻密で付着性の高いマグネシウムを含む亜鉛系保護被膜がめっき表面に形成され、その保護被膜がめっき層の腐食進行を抑制するとともに、切断や傷により母材が暴露した箇所を覆う「犠牲防食」の作用、すなわち“自己修復能力”を有することが最大の特徴です。
ZAMの採用による耐久性の大幅な向上によって、錆の補修など煩雑なメンテナンスが不要となったほか、従来品と同等の強度を維持しながらの軽量化も実現しています。


実用新案登録証   標準キャリヤアイドラ(写真上)およびリターンブラケット(写真下)


【登録内容】
登録番号:第3210894号
登録日:平成29年5月24日
考案の名称:ベルトコンベヤ
実用新案権者:株式会社JRC
考案者:浜口稔、久次米功雄

【本件に関するお問い合わせ・取材に関するご連絡先】
株式会社JRC
経営管理室 寺井
TEL: 06-6543-8180
FAX: 06-6543-8682

共通お問合わせフォーム:https://www.jrcnet.co.jp/contact/

以上

関連記事