JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
99/142

JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品特殊実績品紹99 リターンベルトを叩き、着をとす振動体として、桟・ヒレベルトにも用な殊プーリです。ベルトの走行に追随させる従動タイプと、他のプーリとスプロケットで繋ぐ自立回型があります。タク ベルトに桟やヒレがある場合、通常のプーリでは、ぶつかってしまいますが、こちらのプーリはそれを避ける形となっています。に、傾斜コンベヤのベンドプーリなど、送の屈曲に用されます。ィスク 送がベルトとプーリの間に入った場合でも、プーリ自体の隙間から送が抜けちるため、プーリへの固着が軽されます。に、バケットエレベータ用テールプーリとして用されています。かご型 ディスクプーリと同様に、ベルトの桟やヒレを避ける形は類似していますが、こちらのプーリは屈曲部ではなく、リターンローラの代替として用いられます。に、クライマーコンベヤに用されます。クイタ JRCでは上の実績にも、お客様のご望にじて、様々な形・仕様のプーリを製しています。他社にて製困難とわれるような殊プーリについても、社では・製な場合もございますので、ぜひご相談ください。そのの特殊浮上り防止プーリ(MCナイロン)ウレタンテーパプーリ溝付ベアリング内蔵プーリウレタンガイドプーリ

元のページ  ../index.html#99

このブックを見る