JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
95/142

シェの形状JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品 搬送の着がほとんどない場合やベルトの汚れ(搬送)に接しない従動プーリにはラギングをさず、シェルのまま用することもくあります。※着色部がラギングの凸部となります。 にベルトの汚れ(搬送)に接する従動プーリに用され、搬送のプーリへの着(居)を防するをします。 ゴムよりも摩擦の高いセラミックを用いることで、より大きな摩擦力を発生させます。駆動・従動どちらのプーリにも用することがあり、種類も様々存します。 に逆するコンベヤのドライブプーリに用されています。効はダブルヘリカルラギングと類似しますが、ベルトと接するゴム積がいため、大きな圧にも耐えることができます。 シェルの端部をテーパにしたもので、シェルの中央部と端部での周速度の違いを発生させ、ベルトに調芯効を与える働きがあります。クラウン後に上のラギング種をすることもです。 スパーラギング同様、ドライブプーリに用され、ベルトとの摩擦力を大きくするとともに、ベルトとプーリ間の異をに掻き出す効があります。回方は決まっていますが、一般的に用いられます。 にドライブプーリに用され、ベルトとの摩擦力を大きくする効があります。逆するベルトコンベヤにも対しています。スギグカギグセクギグイカギグギグギグ無しクウ加工95

元のページ  ../index.html#95

このブックを見る