JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
93/142

の設計JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品 ベルトコンベヤにおけるプーリは、ベルト走行において欠な部であり、その業に大きく影響するため、が一にも破損してはならない部です。しかし、通常、プーリはシェル・鏡・ボス・シャフト全てが回し、全体に番がかかるとともに、ベルトのけによる形もわります。さらに、ドライブプーリにおいては動がけられるため、そのトルクも用します。  そのため、社ではの、プーリの形寸法のだけでなく、動の仕様を含めたコンベヤ全体の用環境をめし、製ごとにの出、懸念事の抽出を行います。さらに、シャフトはもちろん、シェル・鏡・軸などの部材にるまで底した「度」を行い、全で頼の高いプーリをしています。 また、プーリはベルトコンベヤの構部のなかでも較的高な部であることから、材選定においても、に厚で、高コストな部材をあえて用せず、にもとづく度から材のを把し、上の疲労限に達しない、適な部材・寸法を定しています。 上のコンセプトにづく討のを、下図のような類として出いたします。(1)紙(2)(3)動力・張力(4)プーリ(5)プーリ図93プーリのにあたり用した(許力や軸材質など)をした類です。コンベヤによる動力のおよび張力の出を実したをした類です。プーリのをした類です。下部には部材の選定が視覚的にも分かりやすいように、易プーリ図をしています。プーリに沿った製の図です。社にてを行っていないプーリに関しても、プーリの寸法より図がです。称、、日、定日、発行日、者、仕様番号などを明し、社内にて適な保管・管理を行っています。

元のページ  ../index.html#93

このブックを見る