JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
138/142

138試験機のご紹介 JRCでは、自社で様々な試験機を備えており、製品の強度試験、構造の研究や、防塵・防水性の検証など、実際のコンベヤの使用環境、あるいはそれ以上に過酷な条件でテストを実施し、既存製品の改良、新製品の開発に役立てています。◆耐久負荷試験機◆防塵防水試験機 この試験機は、ローラに一定の負荷(ウエイト)をかけてその耐久性を検証するテストに用いられます。 ハウジング構造・軸受・グリースの種類を変えながら、実際に使用されるコンベヤ仕様、またはそれ以上の過酷な条件を設定し、検証を行うことで、構造の改良、および寿命延長を図るための研究などに活用しています。 ベルトコンベヤは土砂・鉄鉱石・石炭・穀物・石灰石・セメントなどの搬送に使用されることが多く、その使用環境は極めて過酷な場合があります。 そのような悪条件下においても、ローラのシール性が充分に機能し、さらに高寿命を達成するため、その構造内への粉塵・水の侵入に対する試験を繰り返し実施しています。 JRC本社工場の敷地内には、BW1200、機長30mのテストコンベヤが常設されています。こちらでは、実際のコンベヤ使用環境下に近い形で対象物を設置することにより、その脱着時やローラ取換時の懸念事項などを確認するとともに、過負荷をかけての耐久試験や、コンベヤ全体の電力比較など、様々な実証実験を行い、既存製品の改良、新製品の開発に役立てています。 現在では、ベルトの蛇行・片寄り、搬送物の付着、落鉱など、コンベヤの各種トラブルへの対策検証のためJRCオリジナルの機能製品が多数、設置されています。◆テストコベベルト幅BW1200ベルト速度200m/min(MAX)機長30m揚程0モータ容量7.5kWテストコンベヤ仕様

元のページ  ../index.html#138

このブックを見る