JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
127/142

JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品127■ベルトの破事故出用  ●出方法  シリコンゴム圧縮方  ●場  インパクトローラの間  ●サイズ   ベルト幅600~2200mmまで  ●出力接  出1接(量AC250V・2A)     ベルトコンベヤのシュートとしで、ベルトを貫通する異によって起こるベルトの縦裂きを即座に出し、号を出力させるスイッチです。縦裂き出するセンサ部と号を出力する換器部で構されます。換器はセンサやケーブルのを出する線出力も装されており、全の高いセンサです。インパクトローラの本にあわせてけます。センサ間をループ配線し、換器に接するので配線コストもくできます。■接形  速度・スリップ出用  ●動回2~3600rpm  械軸の回速度を接で出するモーションセンサであり、速度が定値になると出力リレーが動します。■軸連形  超低速形  ●定速度  179rpm  ●動速度  0.1~99.9rpm 熱炉の送りローラや低速攪拌・シックナに代される超低速軸が常な速度で回しているかどうかをするために用できます。■速度・スリップ出用  ●定速度  80rpm~1800rpm         33m/min~300m/min  ●張力 60rpm(低定値) ベルトコンベヤ・クレーン・クラッシャなどの速度を視する磁力モーションセンサであり、械軸の速度が定値になると内部のスイッチが動します。速度開器は永久磁の回によって発生する導トルクで械的にスイッチを開するため、源がで保守が易です。(耐圧防爆形粉塵防爆形も製造いたします。)ESRW-102(駆動ローラ形)ESRB-100(据形)ASTC-051(換器盤内型)ESPB-051(接スイッチ形)ESPB-050(形)ESKB-610M(超低速形)SCPT-060-30~SCPT-200-30(ベルト縦裂き出器)AEDC-12LC2(換器)

元のページ  ../index.html#127

このブックを見る