JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
108/142

JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品NVC-H2BH3B型ク(掻取式) 製は、掻部に超硬合金チップ、クッション部に防振ゴムを用しており、ベルトの凹凸に対し、柔軟かつな動で追従するため、掻を充分に発揮します。 コンベヤベルトは、搬送が中する中央部から摩耗します。トラフ癖と相まってベルト中央部に対する掻チップの圧力足から搬送の通が発生します。NVC-H2B・H3B型は、掻チップにベルトに対する適な圧力を発生させるため、“てこの理”を用してアームの長さをえることにより、端チップのベルトへの圧力を緩め、中央にかって段階的に圧力を高めています。 NVC-H2B・H3B型は、ボルト圧手動調整ですが、調整業を軽させるスプリング自動調整や、クリーナを開放してのおよび清掃が易なウエイト自動調整もご用しております。 NVC-H3B型はφ600まで、NVC-H2B型はφ850までのプーリ径に対しています。φ850よりも大きいプーリの場合には、NVC-D型(大径用クリーナ)もございます。(NVC-D型の大プーリ径はφ1500となります。) ゴムクッションを保するためのゴムカバーはオプションでご用しております。108着防止着防止 ゴムクッションとアームを用し、クリーニング力・全・耐久・メンテナンス、クリーナへの堆積がないなど、非常にれた長をするチップ掻ヘッドクリーナです。 NVC-H3B型はφ600まで、NVC-H2B型はφ850までのプーリ径に対しています。φ850よりも大きいプーリの場合には、NVC-D型(大径用クリーナ)もございます。(NVC-D型の大プーリ径はφ1500となります。)

元のページ  ../index.html#108

このブックを見る