JRC ベルトコンベヤ部品 総合カタログ
104/142

F1型 に円弧形をつ独自のブレード形で、常に鋭にクリーニングエッジがベルトにたるようにされています。1もののブレードの採用により、分ブレードに起こりがちなブレード間の搬送の噛みみがなく、力なクリーニング効を換時まで保ちます。 着のブレード換は具で、ピン2本を抜き差しするだけなので、短時間で易に業することがです。 圧縮バネを用した自動調整テンショナーを標搭し、ブレードへの適なテンションを保しけます。動部にはステンレスを採用しており、腐食による動良もありません。 ブラケットにしている目盛により、のためにコンベヤを停したり、シュート内部をのぞきむがなく、全かつ易にブレードの摩耗況や換時のができます。JRCアイドラ・ローラ概要アイドラローラ軽量型アイドラ・ローラプーリコンベヤ周辺機器特殊品・実績品ク <アスゴスカ>業効率業効率 酷な用環境に耐える剛構造にえ、あらゆる搬送のベルトへの着を力に掻きりけるパワー、単なブレード換が長のベルトクリーナです。ベルトにしいテンション自動調整がいています。 EZ型(P.102)と同様のをしつつ、よりコストパフォーマンスにれたモデルです。圧縮バネをテンション構に標搭しており、ブレードはスカルパー3(青色)を標採用しています。(スカルパー4(赤色)も)着防止着防止10485-30℃~85℃耐摩耗タイプスカルパー4赤色ブレード硬度85対度-30℃~85℃ブレードタイプ標タイプブレード称スカルパー3ブレード色青色

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る